満寿屋 - MASUYA

満寿屋 - MASUYA

満寿屋 - MASUYA

作家・丹波文雄に原稿用紙を依頼され制作したところから始まる。依頼、数々の作家の要望に応え続け「書くための紙」を追求。 現在ではその技術を生かし、ノートや便箋なども作成している。